本日、13時30分から潮風公園にて、ビーチバレーボールのテストイベントを視察してきました。

本日、13時30分から潮風公園にて、ビーチバレーボールのテストイベントを視察してきました。

目的は、暑さ対策・シティキャスト・救護所や仮設コートの見学です。
本日の暑さは、来年行われる2020オリンピックと同様となるであろう暑さで、会場入り口には、ミストがあったり、東京水の冷水器があったりと開催当日と同じような対策が行われています。
また、入り口では、冷却パックや水を濡らすネッククーラーなども配られた後に会場へ。

しかし、冷却パックは、10分程度で冷え感がなくなり、どうなのか?と話ながらコートへ向かっていると、南魚沼市の雪蔵から持った来たスノーパックが配られており、こちらの方がエコで、ゴミにならないのではと関係者へ改善要求をしました。

その後、テストイベントの試合会場へ行き、30分程度試合を見学。
試合が終了して、都議会へ戻り団体ヒアリングを行いました。

本日のテストイベントでは、関係者が、あらゆる暑さ対策を考え実施したことにより、必要なもの。必要ないもの。足りないものなど多くの改善点が分かりました。

関係局へは、問題追及ではなく、本大会に向けて環境にも配慮した暑さ対策についてを提言していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です