紙ストローの試行・検証

都庁内店舗にて紙ストローの試行・検証が行われます

先日の木曜は、都議会13名が一般質問を行いました。

その内7名が都民ファーストの会の質問者です。

水曜日の代表質問では、都のおおまかな施策などについて質問ですが、一般質問は、もっと細かい部分や各都議会議員の地元案件などが質問内容には多く行われました。

災害防災対策・マイクロプラスチック対策・通勤混雑緩和・固定資産税・中小河川・医療対策・森林対策・都市公園・児童虐待・高齢者福祉・教育環境対策・テクノロジー活用・オリンピック・観光振興・中小企業対策などなどの質問内容です。

これだけの質疑が行われているのですが、まだまだ東京都の事業は多岐にわたるので、あくまでも1部となります。

都からの回答も良い回答もあれば進展のない回答などもあります。

進展していない事業については、今後各議員や会派として質問以外の場所でも進展してもらう様要望を行っていくと言うのが議会の流れです。

そして本日の見出しにもある紙ストローの試行実験が10月1日から都庁内の店舗にて実施されます。

ご協力いただく店舗として「タリーズコーヒージャパン都庁店とUCC上島珈琲『HOKUTO』『MINAMI』」と報道発表の資料にはあります。

店舗としての試行ですが、皆さん個人個人で利用を控える・ポイ捨てをしないでゴミ箱にしっかりと捨てるなど、心がけていただければ嬉しい限りです。

街中にポイ捨てをして、雨が降り、雨水管から河川へ、そして海に流れて世界中に広まります。

ポイ捨てが減れば、5割は解決しますので、次世代の子供達の為に意識をもって生活しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です