建設局に関する質疑

本日の環境・建設委員会の事務事業質疑は、建設局に関する質疑を行いました。

各委員からの質疑時間での終了予定は22時55分でしたが、結果的に21:50分に終了。

私の質疑は3点行いました。

1点目は、多摩都市モノレールの新青梅街道の拡幅工事の早期実現に関する質疑です。

現在、上北台から箱根ヶ崎までの間の新青梅街道の拡幅工事については全区間事業化されているので、進捗状況と今後の意気込みについて聞きました。

今までの質疑は、今後検索しますが、今回の質疑では、「積極的に事業を推進する」との強い回答がいただけました。

2点目は、空堀川の整備工事についてです。

こちらについても今後行われる芝中調整池の工事について親水性を持たせた工事にしてもらう様、また、芝中橋より上流の水量確保について、強く要望しました。

3点目は、都内全域にある都立公園でのニュースポーツの利用拡大について要望しました。

この件についても、「誰もがスポーツに親しめる環境づくりを進めていく」との回答を頂き、今後のルール作りや利用方法などの要望をしました。

本日で、環境・建設委員会の事務事業質疑は終了となります。

これからは、12月議会に向けての担当委員会として代表質問の質疑づくりと、今後の私の一般質問など地域の問題や都政の問題を勉強し提案するための日々となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です