30年度決算特別委員会 総括質疑

30年度決算特別委員会 総括質疑

本日は、30年度の決算特別委員会が開催。

今までとは違い、小池知事が参加しての決算特別委員会が行われました。

これも、議会改革の一つですが、本日に至るまで、理事会においていろいろと揉めました。

さて、本日の質疑では、森村都議と米川都議が質問に立ち、執行率の問題点と同時に改善提案なども行いながら来年の予算作成へ要望を行いました。

詳しくは、
https://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/special-accountiong/

4番目の質疑者、自民党の清水委員が質疑を行っている最中に、知事を貶めようとした質疑が行われ始めその流れで30年度決算とは関係ない質疑が始まったため、多くの委員から声が上がりました。

自民党の清水委員は、今回の分科会質疑のブログにも書きましたが、私の意見発言について「30年度を逸脱した質疑は良くない」と言った委員です。

分科会でこの様な発言をしておきながら、全局質疑の場所で、同じ行為を行い、知事を貶めようとした言い回しの質疑を行いました。

意見なら質疑ではないのでギリギリセーフと考えますが、何度も質疑をするようなことはルール違反です。

ある意味、筋の通らない事をやるのが自民党なのかな?!と再確認した決算特別委員会・総括質疑でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です